アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「温泉・入浴施設」のブログ記事

みんなの「温泉・入浴施設」ブログ


天然温泉 ふるさとの湯 @坂戸市 (日帰り温泉)

2007/03/25 23:58
坂戸市にある日帰り温泉「天然温泉ふるさとの湯」に言ってきました。

画像


天然温泉
銭湯タイプ 大人平日¥600 土日祝¥700
マッサージ、レストラン有り。
駐車場あり。道を挟んだ向かい側の駐車場のほうが空いています。

最近、ご無沙汰していましたが久々に行ってきました。お手頃のお値段なので自宅のお風呂代わりにも良いです。一時期、一週間に3日位行っていた事もあります(笑) 又、親戚が遊びに来た時など、お風呂に順番に入るのが大変な時など、とても重宝します。欲をいうと\500にして欲しいです(^^ゞ 26日は飲み物が一缶サービスという事ですが、なぜか26日に行った事がありません(笑)

温泉の色は緑っぽい感じ。(←私にはそう見えます。)日によって多少違いますが、肌がツルツルして嬉しくなります。

食事は味はいまいちですが、お値段はお手ごろです。いつも唐揚&ライスセットを食べてました。唐揚が美味しい時は、なかなかいけます。

母がここのマッサージに凝っていましたが、お気に入りの先生が皆いなくなってしまったそうで、がっかりしています。

クリックして、更にクリックして頂くと大きな画像が御覧頂けます。

画像



ふるさとの湯    地図→
電話:049-284-4126
〒350-0239 埼玉県坂戸市粟生田40




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


花和楽の湯 @小川町 (日帰り温泉)

2007/02/16 23:34
小川町にある日帰り温泉「おがわ温泉 花和楽の湯」です。小川の日赤病院の近くです。

天然温泉 健康ランドタイプ 大人¥1050
エステ、マッサージ、アカスリ、レストラン、休憩所有り。
駐車場有りますが、週末は満車になることも多いです。道を挟んで向い側もかと思います。

手頃なお値段でゆっくりできるお薦めの日帰り温泉ですが、大人気で入場制限がかかるほど大混雑。混んでいる所は苦手なので、近頃ご無沙汰していました。夏だったのも手伝って暫く行ってなかったのですが、久しぶりに仕事帰りに行ってみたら別料金でリラックスヨガ(詳細不明要問合せ)を始めたそうです。又、4月中旬からリニューアルで女性用更衣室を拡大、女性専用岩盤浴が出来るようです。楽しみです。金額もかわるようです。

女性の室内着は浴衣で、赤・黒・青・黄色の四種類から選べます。料金に、プチお菓子(美味しくは無いです。)が含まれていて食堂でいただけます。お茶も無料です。

敷地はそれほど大きくないです。特に女性の更衣室が狭いのが難点。入場制限される事もありギリギリではありますが、なんとか人が分散(食事、休憩所、温泉、岩盤浴、等)している感じで、なんとかくつろげます。

露天風呂は少し白濁してるかな?という感じです。日によりますが肌がつるつるして嬉しくなります。又、床に寝るタイプのサウナ風の岩盤浴があり結構良いです。サウナ嫌いの私も楽しんでいます。週末は混雑していて待ちます。今回、以前より温度を上げた気がしました。それから、やはり多少汗の臭い染み付いてしまってますね。構造上、難しいのだと思いますが(^_^;) 普通の高温サウナで毎時0分からロウというアロマサービスもあり、これもとても良いです。

花和楽の湯    地図→
電話:0493-73-2683
〒355-0316
埼玉県比企郡小川町角山26番地2
花和楽の湯 URL:http://www.kawarano-yu.com/




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こだま温泉 ファミリープラザ @本庄市 (日帰り温泉)

2006/10/01 21:28
本庄市にある日帰り温泉「こだま温泉 ファミリープラザ」に行ってきました。

画像


銭湯タイプ 大人 四時間¥700、或いは一日¥900
アメニティ: リンスinシャンプー、ボディーシャンプー、ドライヤー、クシ
朝7:00〜夜12:00
駐車場あり。

源泉かけ流し天然温泉とのことです。お湯の色は黒緑といった感じ。湯船が化学変化で黒く変色していたので温泉成分はかなり豊富なのかな!?と思いました。お湯は私達にはちょうど良かったですが、ちょっと熱めかもしれません。

全体的に建物や設備はちょっと古めに見えました。結構前からあるのかな?洋風風呂と和風風呂があるようですが、この日は女性は洋風風呂でした。お風呂は広々としています。内風呂は普通のお風呂、泡風呂、ジェットバス、打たせ湯、サウナ。露天も普通のお風呂と寝湯がありました。洗い場も20ブースぐらいあります。洗い場は多少故障器(温度調節、シャワーの水量)有り。

関越の本庄・児玉ICから1.1キロと程近く、抜群のロケーション。お値段もお手頃だし、サービス内容も豊富なので使い勝手は悪くありません。
ただハードのくたびれ感が否めず、特に興味をひくものも無いので、わざわざ又行くほどの気持ちはありませんが、たまたま行く事になっても抵抗は無いです。

こちらに立ち寄った旅の旅行記はこちら↓

http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10098070/

こだま温泉ファミリープラザ    地図→
〒367-0204
埼玉県児玉郡児玉町蛭川1051-6
電話:0495−72−8880
URL:http://www.kodamaonsen.co.jp/ 







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


上高地温泉ホテル (日帰り入浴) @長野県

2006/08/16 15:57
長野県お上高地にある「上高地温泉ホテル 焼の湯・梓の湯」で日帰り入浴してきました。

画像


外来入浴 銭湯タイプ 大人¥600
アメニティ: シャンプー&リンス(リンスinシャンプーだったかも)、ボディーシャンプー、ドライヤー、クシ
タオル¥200 バスタオル¥800
午前 7:00〜9:00、午後 12:30〜15:30

建物右端の自動販売機コーナーに日帰り入浴の発券機が設置してあり、そこで入浴券を購入します。すぐ左隣のガラスの扉(自動販売機コーナーと売店の間)の所から入り、靴を脱いで上がっていくと左側に受付(売店のスタッフさんが対応してくれます)があります。そこで、券売機で買ったチケットを渡します。タオルの購入券もここで交換します。
受付前に大きな荷物は置いておく棚、受付横に貴重品用コインロッカーがあります。突き当たりにトイレあり。

この日の女性は「梓の湯」でした。お風呂は全体的に大きくはありませんでしたが、年期が程よい風格を生んでいる感じのお風呂でした。お湯は透明でしたが、露天のたるぶろの1つは微妙に白っぽい感じでした。お湯の温度は私達にはちょうど良かったですが、少し熱めだと思います。内風呂がひとつ、露天風呂に普通のお風呂がふたつと、たる風呂が二つありました。露天風呂は野趣溢れて気持ちよかったです。

こちらに立ち寄った旅の旅行記はこちら↓

http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10085255/


上高地温泉ホテル    地図→地図
〒390-1516
長野県松本市安曇上高地4469−1
TEL:0263-95-2311
URL:http://www.kamikouchi-onsen-spa.com/top.html


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


万座温泉 万座ホテル聚楽 @群馬

2005/03/17 22:45



スキーを兼ねて万座温泉に行ってきました。今回は「万座ホテル聚楽」に宿泊しました。万座温泉は以前から白濁の温泉に惹かれていたのですが、なかなか訪れる機会がありませんでした。今回、初めて伺いましたが落ち着いた自然の一杯ある保養地という感じで、とっても良い雰囲気でした。

出向先の会社から、いきなり有給休暇の取得依頼がありました。取引先の決算が軒並みの下方修正だった為、年度末まで経費削減しようという事らしい。勝手なもんだ とはいえ、私も丁度疲れきっていたので有給休暇をとって万座温泉へスキーに行くことにしました。

関越道から藤岡ジャンクションを長野方面へ向かいます。地図でみると碓井軽井沢ICでおりると鬼押し出しハイウェイへのアクセスが少し戻るような感じなので手前の松井田妙義ICでおりてみたら。。。碓井峠というつわものがお待ちかねでした。 幸いにも季節のせいかほとんど車がなく、漫画「頭文字D」の話をしながらマイペースにおっちらこっちら行けました。鬼押し出しハイウェイ(片道:三原-鬼押出:\360(片道) 鬼押出-峰の茶屋\260)、万座ハイウェイ(片道:浅間−白根火山 普通車 \1020)と何かと通行料がかかるのが、かなり癪ですが、それゆえに万座が良い雰囲気になっているのかもしれません。行きは小雨が降っていたので、道には雪が無かったのですが、帰りは雪道でした。

今回も直前予約のTocoo(トクー)[現タビータ]で予約し、格安で宿泊することができました。直前空室売切りプラン:\6175 x 2人 = \12350です 一泊二食付到着日はホテルでゆっくり過ごしました。温泉も白濁でよい湯でしたが、個人的には草津のほうがすきかな 夕食後、少し寝てしまったので、夜なかなか寝れなくなってしまい、4回ほど温泉を楽しみはめに(笑)

翌日は万座スキー場でスキーをしました。最初は前日の雨の所為か思い切りアイスバーン。途中から天候が激変し吹雪いてきたので、雪のコンディションは少しよくなりましたが、今度は寒い!早めに切り上げて帰路につきました。万座温泉組合のキャンペーンか何かで平日宿泊の際は帰路の万座ハイウェイの通行券をいただいたので、帰りは料金がかかりませんでした。今度は暖かくなったころにもいってお散歩してみたいのです。

宿の感想です。

部屋・設備
畳が新しく未だ緑色で感激した。部屋はゆったり使える広さで窓も大きく明るい部屋でした。建物そのものは古いが良く掃除されていて清潔感があり気持ち良かったです。ただ、入室した時タバコ(?)の匂いが気になりました。でも、窓を開けておいてしばらくロビーでくつろいでから部屋に戻ると大丈夫でした。設備はかなり充実しているようです。ゲーム機もたくさんあり、宴会場やカラオケ施設もあるようでした。

対応
Tocooで予約してもきちんと対応して下さっている感じがして良かった。チェックイン時に館内の説明、食事の時間、チェックアウト、シャトル(送迎)の時間など細やかに教えて頂け、明快でペンション利用時などにありがちな不明瞭さやお得意様との差別化等の不公平感が無く、とても気持ち良かったです。売店の商品について質問した時も、対応して下さった従業員の方がわざわざ中を開けてくださったりしてとても親切に対応いただけました。
又、ロビーでの珈琲の無料セルフサービスは小粋な気の利いたサービスでした。セルフというのがキーです。本当に使いやすい!今回の五つ☆はこれに起因しているといっても過言ではありません。雪景色やスキー場を眺めながら、一時間近くロビーで過ごしちゃいました。又、絵本がメインですが本も置いてあり、時間がゆっくりな観光地の心遣いを感じました。

食事
夕食・朝食ともバイキングで好きなものを好きなだけ食べられよかったです。都内の有名ホテルの贅沢三昧のバイキングとはタイプは違いますが、種類も多く味も良かったと思います。デザートも充実していて、最後まで楽しめました。おなか一杯食べて、大満足でした。ただグラタンとビーフシチューが温かいとは言い難い感じだったので、味が好みだっただけにとても残念でした。

お風呂
大満足です(^_^)v 大浴場という感じではありませんが、それなりの広さで趣のある良いお風呂でした。平日ということもあって貸切状態(1人)の時や多くても6人ぐらいで、とてもゆっくり入れました。脱衣所も含めきちんと掃除されていて、気持ち良く使えました。最初に17:15ぐらいに入浴した時より夜中に入浴した時(今回、なかなか寝付けなかったので、6回くらい入浴しちゃいました(笑))のほうがゴミや汚れが目に付きました。恐らく利用者のマナーが大きく関っているのだと思います。経費的な兼ね合いもあると思いますが、お掃除のタイミングを計って頂けると更に良いと思います。例えば夕食後(?)の入浴ピーク時の直後に軽い掃除をする等。又、硫黄泉なので金属類に影響がある事が入り口にきちんと書いてあったのも好感がもてました。又、硫化ガスの安全性の為の空調のおかげでメガネやガラスが曇らないのが面白いです。景色も楽しめます。窓がピカピカだと更に良いですね。昼間、お風呂の入り口付近に天然飲料水のサービスがありましたが、夜もずっと利用できると更に嬉しいです。
露天は小さいけれど、それがかえって大自然を際立たせる感じの趣のある露天でした。夜9時以降は露天の電気を消すそうです。今回は雨だったので駄目でしたが、晴れの日だと星空が楽しめるそうです。

眺望
万座の空吹(?)が階段の窓や露天から見えて、良かったです。全体的に自然がいっぱいで、ゆったりと過ごせる眺望・環境でした。雪景色もその一つで、よかったです。

環境
近くにコンビニなどはありませんが、館内に売店があり問題なし。スキー場も少し距離がありますが、シャトルで送迎してくれるそうです。今回は使いませんでしたが、これまた問題なしです。今回の目的はスキーだったので、特に散歩等は行きませんでしたが、近くに散策路や洞窟などもあるようです。お散歩も楽しめそうなので暖かくなったら又、是非行ってみたいと思います。自然が一杯な分、アクセスは大変でした。帰りは雪道でしたし、有料道路が多いのも万座への足かせですね。

総合
大満足(^_^)v Tocooで行く宿はどこも値段が安くそれなりに満足行くので「又行ってもいいかな」とは思いますが、ここは「是非、又、行きたい!」と思える宿でした。建物の古さは否めませんが、サービスで全てカバーできてます。その上、温泉も良く言うことありません。正直、評価はかなり辛くつけました。全てオール5でもおかしくありません。


万座ホテル聚楽  
TEL: 0279-97-3535
FAX: 0279-97-3147
住所: 〒377-1528 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
URL: http://www.juraku.com/index.html
地図を印刷?→Mapion
















記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


宝川山荘 宝川温泉(汪泉閣) @群馬県みなかみ町 (日帰り入浴)

2004/10/18 23:07
受付時間  9:00 〜17:00 (受付終了16:00?)
料 金 1500 円  (午後4 時より 1000円)  銭湯タイプ
レンタルバスタオル \100

短大時代からの友人と久々に会いました。都会嫌いの私の所為でずっと伸び伸びになっていたのですが、今回は彼女を埼玉まで呼び寄せ、お出かけすることにしました。当初は谷川岳に行くつもりだったのですが、連日の社交でお疲れ気味の友人。行き先変更で、以前より気になっていた宝川温泉に日帰り入浴しに行くこ とにしました。

めちゃくちゃ久しぶりなので、近況等の話しで盛り上がっているうちに関越道水上ICへ到着。インターを降りて数分、渓谷付近の 川にかかる橋の手前の左側に雑貨屋さんを発見。友人は雑貨が大好きな人なので、こちら「ラ・コンシェルジュ」に立ち寄る事に。店内はかわいい雑貨が綺麗に 飾られていました。さすがに都内にひけをとらないとまではいいませんが、いろいろかわいい品が揃えてあり、陳列もゆったりしていて落ち着いたセンスのある お店だと思いました。奥にカフェがあったので、お昼ご飯を食べる事に 壁一面の窓で外の景色を楽しめました。遠 くの山がハリボテみたいに見えたのが、おかしかったです。トイレが広くて綺麗で自動で電気がついたりして良かったです。おそらくカフェは北側なのでしょ う。日陰になっておりとても寒かったです。群馬で月曜日だからでしょうか?何故か今日はランチサービス無しとの事、ショックでした タコライスを食べようとしたら、これも「現在、お休み中」。Wショック 結局、メキシカンジャンバラヤを食べました。味はまぁまぁですが、冷凍食品?。プレートにサラダも盛られ、デザートも付いていたのでお値段はほどほどです。とても寒かったのにデザートはアイスでした。アイス自体 はあっさり味でおいしかったけど、気がきかない感じでした。それとも追加でHOTの飲み物を頼んでもらうという戦略なのでしょうか。私的には一度でいいな的お店でした。

ご飯を終え、再び宝川温泉へ出発。途中の川原で車を停めて少し休憩しました。水がとても澄んでいてきれいでした。お魚を探してみたのですが流れが速すぎる のか見つかりませんでした。川や滝は夏に行くほうがいいですね。なんか冷たそうという感じがしました。夏だったら逆にもっともっと遊べちゃいそうでした。

山道を予想していたので時間がかかるかと思いきや、わりにあっさりと宝川温泉に到着。宝川温泉 汪泉閣の日帰り入浴施設が宝川山荘です。入り口で入浴券を買い入場します。古民具などが並ぶ古びた通路を進んで行 くと、お店風の所でくじをひかせてくれました。私は2等で10x10x10cmくらいの竹製の入れ物をもらいました。他にもサングラス、タオル、タッパ等 たくさんの景品が並び好きなものを選べるようになっていました。更に進むと小柄な熊さんが4匹ほどいました。多分まだ子供なのだと思います。つぶらな瞳で かわいい感じでした。初代の熊が一緒に温泉に入った(?)とかで、熊と一緒に入れる温泉として当時話題になったそうです。今はそのような事は無いようですが、おもしろいですね。熊と入る温泉、是非とも一度体験してみたいです。

日本一の露天風呂とよくうたわれているので超巨大な露天風呂があるのかと思ったのですが、ひとつひとつの露天はそれほど大きいようには思いませんでした。未だ行ったことはないのですが、草津の露天よりは小さいと母が言っていました。中は庭園風で川の周りに露天風呂が四箇所ほどありました。川の流れは結構急ですが、川を眺め、せせらぎを楽しみながら、紅葉もながめられるのは、なかなかですね。

露天風呂は一番奥が女性専用、他は混浴です。混浴の為だと思いますがバスタオルを巻いて入浴可との事でフロントでタオルをレンタルできます。露天風呂はとても良いのですが、混浴なので独特の雰囲気です。男性が真っ裸でお風呂を移動しているので目のやり場に困ります。もう少し、女性に気遣って欲しいです。別にいちいち着替えて移動しろとはいいませんが、せめてタオルをまいて移動してほしい

やはり混浴は抵抗があります。カップルで来ている女性が数人混浴に入っていただけで、殆ど女性の姿はありませんでした。私も女性用だけでなく他の所も入りたかったのですが、なかなか勇気がでませんでした。思い切って友人と二人で混浴風呂に入ってみたのですが、しばらくすると後からどんどん女性が来て、いつのまにか女性だけになったのが、おかしかったです女性の皆さんも皆他のお風呂に入りたいんですよね。今度から、周りに声をかけて、いって みようかな♪

宝川山荘 宝川温泉  
TEL: 0278-75-2614
住所: 〒379−1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原1899
URL: http://www12.wind.ne.jp/takaragawa/index.htm

地図を印刷する? →地図




記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


三頭温泉 (日帰り入浴)/旅館 三頭山荘 @東京都 檜原村  

2004/10/11 11:18
交代勤務同士だとなかなか休みが合わず遊びに行く機会を逃していたのですが、久しぶりに休日が一致したのでお出かけすることになりました。翌日、予定があるので、いつもの直前予約のToCoo!で近場の宿を探し、今回は青梅 御岳山の宿坊「静山荘」に泊まることにしました。

遅刻魔の私はいつも通り予定時刻を30分程過ぎてから自宅を出発。同行者を迎えに行き、いよいよ出発です。残念ながらお天気はいまいちで小雨が降ったり止んだりでした。そんな肌寒い天気にもかかわらず、甘いもの好きの私たち二人は途中で100円キャンペーン中のマックシェークで10時(?)のおやつ 今回は杏仁娘味を試してみました。杏仁豆腐味なのだと思いますが、なかなかGOOD!でした。

シェークでカラダを冷やしておいてこういうのはなんですが、この頃はすっかり秋の気配が漂って温泉に行くのが楽しみな気候。今回も奥多摩周辺の温泉施設に寄ってから宿に向かう事にしました。「確か数馬温泉の方にある藁葺き屋根の宿の所で日帰り入浴の看板がでていたような。。。」という彼の記憶を頼りに奥多摩周遊道を通って数馬方面へ向かいました。

今回、この天気でラッキーだったのは「雲の上」体験ができた事です。奥多摩周遊道の途中の駐車場に車を停めて、雲の間の晴れ間から奥多摩湖を眺めました。同行者から奥多摩周遊道路での「雲の上」体験の話を聞いていたので、実際に見れて嬉しかったです。なかなかの景色ですのでお試しあれ 反面、曇が厚く間も無く何も見えなくなってしまいまいました。ちょっと残念でもありました。

途中の都民の森でトイレ休憩をとりました。入り口から森に続く道に沿って川があるのですが、そこでお魚探しをしました。このお魚は観賞用だそうです。売店で売っていたトン汁を食べました。肌寒かったので、もうちょっと熱めにしてもらえたら、もっとおいしかったと思います。具沢山で味は私好みでした。おやき等も売っていました。都民の森は、今回初めて寄ったのですが、なかなか良さそうです。本当に入り口だけだったので、天気の良い日にお散歩でもしたいです。そういえば、今回の奥多摩周遊道は天気のせいかライダーが少なかったです。

さて、いざ温泉へ。奥多摩周遊道が有料だったころの数馬側料金所だったと思われるブース左脇の道を降りてゆくと「兜(かぶと)家」いう藁葺き屋根の古民家の宿があります。入り口には大きな蜂の巣があり、なかなかの存在感です。「いつか泊まってみたいね」と話しながら、その奥にある観光旅館三頭山荘の三頭温泉で日帰り入浴(銭湯タイプ三時間 大人\1000、2007年現在2時間になったようです。)しました。

ここも由緒ある(?)山荘のようで皇族の方が訪れた時の写真が飾ってありました。建物は結構古そうです。宿の方の対応は、感じが良いとは言い難かったのでテンションが下がりました。残念 お風呂は内風呂と露天が各一個所づつで、男女同じつくりのようです。広さは中位、8人くらいは足を伸ばしてゆっくりは入れそうな広さでした。お風呂場は掃除が行き届いていて、気持ちよくつかえました。ドライヤーもありました。数馬の湯がベースになっているのかは不明です。又、北海道二股温泉の入浴剤を入れているというようなことが表記されていました。体はとても温まりましたが、温泉ではないのかもしれません(ホームページを拝見したところ人口温泉との記載がありました。)。人が少なく静かで、お風呂をゆっくり堪能できるのは魅力ですが、この周辺の他の温泉施設に比べると値段も高いし私的には日帰り入浴としての魅力はそれほど感じませんでした。

観光旅館 三頭山荘 三頭温泉(みとうさんそう)
住所: 〒190-0221 東京都西多摩郡檜原村数馬2603
TEL:  042−598−6159
FAX:  042−598−6440
営業時間: [日〜金] 午前10時〜午後6時
        [土]    午前10時〜午後4時
第2・第4木曜日定休
         ☆お泊りの予約状況で営業時間が変わる場合もございます。
         ☆4月28日〜5月7日: 午前11時〜午後4時
URL: http://park17.wakwak.com/~mitou/




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サイボクハム パークゴルフ & まきばの湯(日帰り温泉) @日高市

2004/10/10 11:55
三連休なので、どこに行っても渋滞しているだろうということで近所のサイボクハムに行ってきました。数ヶ月前に同敷地内にオープンした日帰り温泉「まきばの湯」が目的です。と、言っても、ここもかなり混んでいました。

サイボクハムに到着すると運良く感謝祭イベントを開催中。肩もみ5分無料体験をやってもらいました。かなり気持ち良かったです♪

小腹がすいていたので、リブとフランクフルトを食べました。リブは美味しかったです。フランクフルトは冷めていていまいち。あと、なんとなく味が落ちた気がしました。今では結構有名なサイボクハムですが、ここが出来た頃のフランクフルトのほうが美味しかったように思います。残念

続いて公園のほうで子豚を見て、焼き物市を眺めていると、パークゴルフを発見!お値段は高いのかなぁ?!と受付まで歩いてゆくと意外とお手ごろなお値段だったので、早速挑戦してみました。クラブはドライバー風のヘッドがついた腰ぐらいの丈のクラブで、ボールはゲートボールの玉が少し小さくなった感じです。Aコースが9ホール、Bコースが9ホールの全18 ホールが1ラウンド(¥1000 クラブ・ボールレンタル付き)になっているようです。身内ルールを作り空振りやOBは見なかった事にし、ギャーギャー大騒ぎしながら楽しみました。面白かったし大満足。かなりお勧めです(^^)v

さて、いよいよ「まきばの湯」へ。従業員の方の制服が洒落ててかわいいです。敷地は、外から見たよりも小さい気がしました。お風呂の収容人数もかなり少ないのではないでしょうか。というよりも、利用人数に対し施設が小さいというほうが正しいです。日曜ということもあり、混みあっている感じでした。サイボクハム自体がかなりの人気スポットなので、値段設定を高くする事で入場人数を抑える効果もあるのかもしれません。

お湯は透明のように思います。源泉掛け流しのところは、肌がつるつるして嬉しくなりました。100円返金式ロッカー、靴箱になっているので、100円が必需品です。別料金で石の湯(¥1000/回)というのがあります。私は体験しなかったので確かではありませんがどうやら岩盤浴みたいな感じそうです。又、マッサージやレストラン、軽食、休憩場所もありますした。

値段(大人¥1500 土日は4時間限定)から健康ランドタイプ(このブログについて参照)かと思っていたのですが、銭湯タイプの温泉施設でビックリしました。レンタルタオルは¥200です。一応、高級感を出すよう努力されてる印象派受けましたが、度々来るには私には値段が高すぎです。私的には、一度くれば十分。人も多く混んでいるし値段も高いので、私は「花和楽の湯」のほうが好きです。

サイボクハム全体的にみれば、レストランあり、温泉あり、買い物(豚肉・パン・野菜etc)あり、広場あり、パークゴルフや陶芸などのレジャーありと、一種レジャー施設のようなところなので週末のちょっとお出かけに良い所だとは思います。


サイボクハム
住所: 〒350-1221 埼玉県日高市下大谷沢546 
TEL:  042-989-2221
URL:  http://www.saiboku.co.jp/

まきばの湯
営業時間: 10:00〜22:00
TEL:     042-989-4126 






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


奥日光湯元温泉 あんよのゆ (足湯) @栃木県日光

2004/09/19 16:50


親友の誕生日のお祝いを兼ねて女二人で奥鬼怒温泉郷の八丁の湯へ出かけてきました。旅程はこんな感じ
出発→東北道・久喜IC〜日光宇都宮道路日光IC→カフェ・フルール明智平展望台戦場ヶ原竜頭の滝華厳の滝中禅寺湖奥鬼怒温泉郷 八丁の湯
奥鬼怒温泉郷出発→光徳牧場奥日光湯元温泉 湯元泉源奥日光湯元温泉 あんよのゆ吹割の滝→関越道・沼田IC→帰宅


湯ノ平湿原付近の湯元泉源から駐車場へもどる途中で足湯「あんよのゆ」(無料)を発見したので足湯してみました。

足湯って手軽に入れるのが良いですね。気持ちが良いし こちらの足湯は無料だし、温度が違う浴槽があるのがニクイッ 小石を敷いた足つぼスペースもあります。又、大きいのでかなりの人数で使えるので、ゆっくり楽しめるのも良かったです。2003年8月頃に作られたそうで未だキレイだし、使いやすく充実した設備は、かなりお勧めです。和やかな雰囲気の中、ゆっくり足湯を 楽しみました。

詳細は不明ですが冬季は利用できない(5〜11月???)ようです。ので、。利用時間は午前9時〜17(20時という話も)らしいです。

湯元温泉の泉質は硫化水素泉-りゅうかすいそせん-。現在は湯ノ平-ゆのだいら-湿原に源泉があり、温泉が湧-わ-き出る様子を見ることができる。効能としては、神経痛、筋肉痛、冷え症、糖尿病などに効くとされている。
 湯元温泉は温泉のほかに、湯ノ湖周辺や切込湖-きりこみこ-・刈込湖-かりこみこ-へのハイキング、湯ノ湖や湯川での釣り、キャンプ、スキーなどの楽しみを求めてくる人も多い。昔からの温泉地が、だれもが自然と親しみながら楽しめる、新しいレジャー地へと変身している。
 湯元温泉は、前白根山-まえしらねさん-や群馬県境の五色山-ごしきざん-、金精山-こんせいざん-、温泉ガ岳の登山口にあたり、また戦場ガ原方面から続く国道120号は、ここから金精トンネルを越えると群馬県へ抜ける。
(社団法人 日光観光協会ホームページより)


旅のつづき

奥日光湯元温泉 あんよのゆ
住所: 〒321-1662 栃木県日光市湯元

日光市観光商工課
住所: 〒321-1404 栃木県日光市御幸町591
TEL:  0288-53-3795
FAX:  0288-53-3096

奥日光湯元温泉旅館協同組合
住所: 〒321-1662 栃木県日光市湯元2549
TEL:  0288-62-2570
FAX:  0288-62-2610
URL:  http://www.nikkoyumoto.com/

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


奥日光湯元温泉 湯元泉源 @栃木県日光

2004/09/19 15:31




親友の誕生日のお祝いを兼ねて女二人で奥鬼怒温泉郷の八丁の湯へ出かけてきました。旅程はこんな感じ
出発→東北道・久喜IC〜日光宇都宮道路日光IC→カフェ・フルール明智平展望台戦場ヶ原竜頭の滝華厳の滝中禅寺湖奥鬼怒温泉郷 八丁の湯
奥鬼怒温泉郷出発→光徳牧場奥日光湯元温泉 湯元泉源奥日光湯元温泉 あんよのゆ吹割の滝→関越道・沼田IC→帰宅

光徳牧場を後にして出発します。帰りは群馬に抜けて関越で帰ろうと120号を群馬方面へ向かいました。途中で奥日光湯元温泉があったので寄ってみる事にしました。

 戦場ガ原-せんじょうがはら-の奥にあり、湯川-ゆかわ-の水源となる湯ノ湖-ゆのこ-。その北岸に開けた温泉街を湯元温泉-ゆもとおんせん-と呼んでいる。戦場ガ原から国道120号でつながり、中禅寺温泉から戦場ガ原経由のバスでも30分で着ける。また、戦場ガ原のハイキングコースをさらに北上すると、湯滝-ゆだき-、湯ノ湖の西岸を通って湯元温泉まで至る。
 湯元温泉の歴史は古く、1200年前にさかのぼる。日光を開いた勝道上人-しょうどうしょうにん-が延暦-えんりゃく-7(788)年に温泉を発見し、薬師湯-やくしゆ-と名づけたのが湯元温泉の始まりと伝えられる。そのとき、背後の山を温泉ガ岳-ゆせんがたけ-と命名し、頂上に薬師瑠璃光如来-やくしるりこうにょらい-をまつったといわれる。さらに、弘仁-こうにん-11(820)年には弘法大師-こうぼうだいし-がここを訪れ、観自在湯-かんじざいゆ-を見つけて観世音菩薩-かんぜおんぼさつ-をまつったと伝えられている。
 このように、湯元温泉には古くから薬師湯や観自在湯、川原湯など9つの湯があり、共同浴場として9人の湯守-ゆもり-と呼ばれる人たちによって管理されてきた。残念ながら、現在これらの共同浴場はなくなったが、旅館やホテルが湯を引いて温泉客を迎えている。
(社団法人 日光観光協会ホームページより)

ビジターセンター近くの駐車場(無料だった気がします)に車を停めて、湯ノ平湿原付近にある湯元泉源に行きました。地面から温泉がいっぱい湧き出してきているのが感激でした。湯の小屋というのでしょうか、主な泉源 には木製の小屋がかけられていました。宿の名前付のものもありました。温泉らしい光景が良かったです。

旅のつづき

奥日光湯元温泉 湯元泉源
住所: 〒321-1662 栃木県日光市湯元

社団法人 日光観光協会
住所: 〒321-1404 栃木県日光市御幸町591日光郷土センター内
電話: 0288-54-2496 
FAX:  0288-54-2495
URL: http://www.nikko-jp.org/perfect/yumoto/index.html

奥日光湯元温泉旅館協同組合
住所: 〒321-1662 栃木県日光市湯元2549
TEL:  0288-62-2570
FAX:  0288-62-2610
URL:  http://www.nikkoyumoto.com/

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
奥鬼怒温泉郷 八丁湯 @栃木県栗山村
親友の誕生日のお祝いを兼ねて女二人で奥鬼怒温泉郷の八丁の湯へ出かけてきました。旅程はこんな感じ 出発→東北道・久喜IC〜日光宇都宮道路日光IC→カフェ・フルール→明智平展望台→戦場ヶ原→竜頭の滝→華厳の滝→中禅寺湖→奥鬼怒温泉郷 八丁の湯泊 奥鬼怒温泉郷出発→光徳牧場→奥日光湯元温泉 湯元泉源→奥日光湯元温泉 あんよのゆ→吹割の滝→関越道・沼田IC→帰宅 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/18 21:31
蓬来館 ゆらり (日帰り温泉) @岩手県花巻温泉
蓬来館 ゆらり (日帰り温泉) @岩手県花巻温泉 ビッダーズ アフィリエイトプログラム ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/08/11 23:40
多摩源流 小菅の湯 @山梨県小菅 (日帰り温泉)
多摩源流 小菅の湯 @山梨県小菅 (日帰り温泉) 山梨県小菅村にある日帰り温泉「多摩源流小菅の湯」に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/04/06 00:19
塩山交流保養センター 大菩薩の湯(日帰り温泉) @山梨県甲州市
塩山交流保養センター 大菩薩の湯(日帰り温泉) @山梨県甲州市 山梨県甲州市、塩山にある日帰り温泉「甲州市交流保養センター 大菩薩の湯」に2004年3月13日に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/04/04 22:35
阿寒湖畔温泉 ホテルエメラルド @北海道
阿寒湖畔温泉 ホテルエメラルド @北海道 北海道釧路市、阿寒湖の畔にある「ホテルエメラルド」に宿泊しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2004/03/25 14:58
摩周温泉 ホテルニュー子宝 @北海道
摩周温泉 ホテルニュー子宝 @北海道 絶対評価:★★★☆ コストパフォーマンス評価:★★★★ (ツアー料金比) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2004/03/25 14:57
ぬかびら温泉 糠平館観光ホテル @北海道
ぬかびら温泉 糠平館観光ホテル @北海道 絶対評価:★★☆ コストパフォーマンス評価:★★★★ (ツアー料金比) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/03/25 14:56

トップへ | みんなの「温泉・入浴施設」ブログ

重要なお知らせ


引っ越します。こちらの新しいブログへどうぞ。
HAPPYに行こう♪-レジャー&グルメ-
(2007/10/29)

HAPPYに行こう♪ − レジャー ・ グルメ − 温泉・入浴施設のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる