アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宿」のブログ記事

みんなの「宿」ブログ


新九寨溝賓館 [New Jiu Zhai Hotel, Jiu Zhai]

2006/09/15 21:21
絶対評価:★★★
コストパフォーマンス評価:★★ (ツアー料金比較約170,000)

画像

(画像は阪急の旅行パンフレットより抜粋)

ツアーで利用しました。16日と二泊連泊です。平均的なホテルです。たまたまついていない事が続いたので、ちょっと印象は悪いが、問題はない。恐らく相性が悪かったのかと思う。

朝早く部屋(1305)の鍵が開かなかった。カードの抜き差しとドアノブを開けるのを、心してゆっくりしたほうが良いみたいだ。
ベッド脇のスイッチの「Do Not Disturb」というスイッチがどっちがONかOFFかわからず、朝出かけに「Please Clean」のタグをかけた。帰ってきたら「Do Not Disturb」になっていて部屋の掃除がされていなかった。私が掛け間違えたのかもしれないが、ちゃんと確認したつもりなので、ちょっとがっかり。ベッド脇のスイッチは部屋の外のチャイムのところの表示のスイッチかと思われるが、未確認。触らず、「Do Not Disturb/Please Clean」タグを使用し無いのがベストかと思う。

ルームロック: カード式、オートロック
アメニティ: 歯ブラシ、くし、石鹸、液体ソープ(ボディーシャンプーとシャンプーを兼ねる)、Teabag、湯沸しポット、トイレットペーパー(巻悪)、ドライヤー(強)
BATH:水圧すこし弱い。大量使用でお湯が間に合わないのだと思うが、お湯が冷たくなる時有り。
電話: 外線 +0、内線 そのまま
英語: 通じない。但し、フロントに行けば、誰か一人(多分責任者)は話せる人がいるよう。よって、手間と時間はかかるが、なんとかなる。

こちらに立ち寄った旅の旅行記はこちら↓

http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10093817/


http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10094432/

新九寨溝賓館 [New Jiu Zhai Hotel, Jiu Zhai]

ホテルURL:不明



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


重慶 海徳大酒店 [Hoi Tak Hotel, Chongqing]

2006/09/14 16:33
画像


絶対評価:★★★
コストパフォーマンス評価:★★ (ツアー料金比較約170,000)

特に印象はなく、ごく普通の平均的なホテルでした。Water SaverがあってHOTもあったのが嬉しかった。でも、電源が入っていなくて、朝、お茶を飲もうとしたらお湯がでなくて悲しかった。電源要チェックです。夜中近くにドライヤーを頼んだら、すぐ持ってきてくれたので印象は良いです。

ルームロック: カード式 オートロック
アメニティ: 歯ブラシ、くし、Bath Foam、石鹸、リンスinシャンプー、スリッパ
トイレットペーパー(巻やや悪)、洗濯紐、Water Saver(要電源チェック、HOT有)、変圧器ぽいコンセント(未使用)、ドライヤーなし(ハウスキーピングに頼めば持ってきてくれるが弱い)
BATH: シャワー、タブとも水圧弱し
電話: 外線 +0
英語: OK(ハウスキーピングへも普通に通じたので、結構、通じると思われる。)

ホテルURL:不明

こちらに立ち寄った旅の旅行記はこちら↓

http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10092544/

重慶 海徳大酒店 [Hoi Tak Hotel, Chongqing]
318 Nanping South Rd.,Chongqing,400060,CHINA(中国 重慶市南坪南路318号)
Tel:86-23-62838888
Fax:86-23-62836688

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


上海 逸和龍柏飯店 [Hotel Yihe Longbai Shanghai]

2006/09/13 16:30
画像


絶対評価:★★☆
コストパフォーマンス評価:★★ (ツアー料金比較約170,000)

ツアー利用です。旧NIKKO LONGBAI(上海日航龍柏飯店)のようです。9/17も同じ階の違う部屋に宿泊したので、2泊利用しました。ごく普通の平均的なホテルです。ハード分のマイナスをサービスでカバーという感じです。ハードはかなり古いです。壁紙のはがれも多いです。後日の部屋のほうがなんとなく古くカビっぽい感じがしたのは、旅の疲れによるものかしら???

アメニティーや部屋の中の小さなサービスは充実していると思います。これを考慮すると絶対評価は★★★でも良いかと思います。無料飲料水(Complimentary Water 小ボトル2本)はとても嬉しかった。烏龍茶とジャスミン茶のTeabagも嬉しかった。ホテル内のお土産屋さんは日本語もOK、高いけどね (^_^;) 

ルームロック: 鍵式
アメニティ: 歯ブラシ、くし、Bath Foam、石鹸、リンスinシャンプー、ローション、スリッパ、Complimentary Water(小ボトル2本)、Teabag、湯沸しポット、トイレットペーパー(巻良)、洗濯紐、ドライヤー(弱い)、変圧器らしきもの(未使用)
BATH: 湯量もたっぷりで、とてもよい
電話: 外線 +8、内線 +7
ホテルURL:不明

こちらに立ち寄った旅の旅行記はこちら↓

http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10092544/


http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10092622/

上海 逸和龍柏飯店 [Hotel Yihe Longbai Shanghai]
上海 虹橋路2451号(2451 Hongqiad Road, Shanghai 200335, P.R.C.)
Tel:86-21-62689111 Fax:86-21-62689333


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


斑尾高原 ホテルランバーズ・イン @長野・新潟

2006/08/14 15:45
絶対評価:★★☆
コストパフォーマンス評価:★★★★ (ツアー料金比較¥29,800)

8/14 から2連泊しました。宿は大きいペンションという感じで、全体的にホテル感と家庭的な感じが同居している感じです。部活動の集合写真が一杯飾ってあったので、学生の合宿での利用も多そうです。夜、わいわい集まって飲んでいる感じの騒ぎが聞こえました。ギターで歌っていて、楽しそうでしたけど(^^ゞ

建物は古めですが、わりときちんとメンテナンスがしてあります。従業員の方は挨拶も出来、感じが良いです。皆テキパキしているので、気持ちは良いです。

部屋のタイプはいろいろあるようです。私達はベッドの洋室でユニットバス&トイレがついていました。冷蔵庫もありました。隣の部屋は和室でトイレのみで冷蔵庫も無かったそうです。コネクティングルーム用と思われるドアがあったので、御家族向けの部屋があるかもしれません。廊下等の窓が開けっ放しにされていますが網戸がありません。この時期は虫がたくさん入ってきます。部屋にクーラーはありません。扇風機もありません。風が通らず暑かったので、入り口のドアを開けて風を通したのですが、虫が入ってきます。この時期に御利用の場合は携帯用の簡易ファンや蚊取りマット等を持って行くと快適にすごせると思います。

お風呂は私たちの時は夜は22:00まで、朝は5:30からでした。残念ながら温泉ではありません。女性の大浴場は湯船に8人くらい入れる位の大きさでした。男性のほうは4人ぐらいとの話を聞きました。脱衣所も暑かったです。扇風機がなく、まいりました。ドライヤーは、一台ありました。

ご飯は家庭的でボリュームがあります。お腹一杯になりました。朝ごはんはバイキングでした。ツアーだったので、40数名の朝食時間が重なってしまい、毎朝食事を取るのに15分位並ばなければならなかったのが、残念です。

画像


今回は2泊目はベッドとシーツはそのままでしたが、バスタオル&フェイスタオルとお茶は交換してくれていました。

多少工夫すれば気持ち良くすごせると思います。

余談ですが、斑尾高原ですが住所は新潟になるとか、ならないとか???

ルームロック: 鍵式


こちらに宿泊した旅の旅行記はこちら↓

http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10085109/


http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10085141/


http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10085255/

斑尾高原 ホテルランバーズ・イン    地図→
〒389-2257
長野県飯山市飯山11492番地246
TEL:0269-64-3126
URL:http://www2.ocn.ne.jp/~lumbers/



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


万座温泉 万座ホテル聚楽 @群馬

2005/03/17 22:45



スキーを兼ねて万座温泉に行ってきました。今回は「万座ホテル聚楽」に宿泊しました。万座温泉は以前から白濁の温泉に惹かれていたのですが、なかなか訪れる機会がありませんでした。今回、初めて伺いましたが落ち着いた自然の一杯ある保養地という感じで、とっても良い雰囲気でした。

出向先の会社から、いきなり有給休暇の取得依頼がありました。取引先の決算が軒並みの下方修正だった為、年度末まで経費削減しようという事らしい。勝手なもんだ とはいえ、私も丁度疲れきっていたので有給休暇をとって万座温泉へスキーに行くことにしました。

関越道から藤岡ジャンクションを長野方面へ向かいます。地図でみると碓井軽井沢ICでおりると鬼押し出しハイウェイへのアクセスが少し戻るような感じなので手前の松井田妙義ICでおりてみたら。。。碓井峠というつわものがお待ちかねでした。 幸いにも季節のせいかほとんど車がなく、漫画「頭文字D」の話をしながらマイペースにおっちらこっちら行けました。鬼押し出しハイウェイ(片道:三原-鬼押出:\360(片道) 鬼押出-峰の茶屋\260)、万座ハイウェイ(片道:浅間−白根火山 普通車 \1020)と何かと通行料がかかるのが、かなり癪ですが、それゆえに万座が良い雰囲気になっているのかもしれません。行きは小雨が降っていたので、道には雪が無かったのですが、帰りは雪道でした。

今回も直前予約のTocoo(トクー)[現タビータ]で予約し、格安で宿泊することができました。直前空室売切りプラン:\6175 x 2人 = \12350です 一泊二食付到着日はホテルでゆっくり過ごしました。温泉も白濁でよい湯でしたが、個人的には草津のほうがすきかな 夕食後、少し寝てしまったので、夜なかなか寝れなくなってしまい、4回ほど温泉を楽しみはめに(笑)

翌日は万座スキー場でスキーをしました。最初は前日の雨の所為か思い切りアイスバーン。途中から天候が激変し吹雪いてきたので、雪のコンディションは少しよくなりましたが、今度は寒い!早めに切り上げて帰路につきました。万座温泉組合のキャンペーンか何かで平日宿泊の際は帰路の万座ハイウェイの通行券をいただいたので、帰りは料金がかかりませんでした。今度は暖かくなったころにもいってお散歩してみたいのです。

宿の感想です。

部屋・設備
畳が新しく未だ緑色で感激した。部屋はゆったり使える広さで窓も大きく明るい部屋でした。建物そのものは古いが良く掃除されていて清潔感があり気持ち良かったです。ただ、入室した時タバコ(?)の匂いが気になりました。でも、窓を開けておいてしばらくロビーでくつろいでから部屋に戻ると大丈夫でした。設備はかなり充実しているようです。ゲーム機もたくさんあり、宴会場やカラオケ施設もあるようでした。

対応
Tocooで予約してもきちんと対応して下さっている感じがして良かった。チェックイン時に館内の説明、食事の時間、チェックアウト、シャトル(送迎)の時間など細やかに教えて頂け、明快でペンション利用時などにありがちな不明瞭さやお得意様との差別化等の不公平感が無く、とても気持ち良かったです。売店の商品について質問した時も、対応して下さった従業員の方がわざわざ中を開けてくださったりしてとても親切に対応いただけました。
又、ロビーでの珈琲の無料セルフサービスは小粋な気の利いたサービスでした。セルフというのがキーです。本当に使いやすい!今回の五つ☆はこれに起因しているといっても過言ではありません。雪景色やスキー場を眺めながら、一時間近くロビーで過ごしちゃいました。又、絵本がメインですが本も置いてあり、時間がゆっくりな観光地の心遣いを感じました。

食事
夕食・朝食ともバイキングで好きなものを好きなだけ食べられよかったです。都内の有名ホテルの贅沢三昧のバイキングとはタイプは違いますが、種類も多く味も良かったと思います。デザートも充実していて、最後まで楽しめました。おなか一杯食べて、大満足でした。ただグラタンとビーフシチューが温かいとは言い難い感じだったので、味が好みだっただけにとても残念でした。

お風呂
大満足です(^_^)v 大浴場という感じではありませんが、それなりの広さで趣のある良いお風呂でした。平日ということもあって貸切状態(1人)の時や多くても6人ぐらいで、とてもゆっくり入れました。脱衣所も含めきちんと掃除されていて、気持ち良く使えました。最初に17:15ぐらいに入浴した時より夜中に入浴した時(今回、なかなか寝付けなかったので、6回くらい入浴しちゃいました(笑))のほうがゴミや汚れが目に付きました。恐らく利用者のマナーが大きく関っているのだと思います。経費的な兼ね合いもあると思いますが、お掃除のタイミングを計って頂けると更に良いと思います。例えば夕食後(?)の入浴ピーク時の直後に軽い掃除をする等。又、硫黄泉なので金属類に影響がある事が入り口にきちんと書いてあったのも好感がもてました。又、硫化ガスの安全性の為の空調のおかげでメガネやガラスが曇らないのが面白いです。景色も楽しめます。窓がピカピカだと更に良いですね。昼間、お風呂の入り口付近に天然飲料水のサービスがありましたが、夜もずっと利用できると更に嬉しいです。
露天は小さいけれど、それがかえって大自然を際立たせる感じの趣のある露天でした。夜9時以降は露天の電気を消すそうです。今回は雨だったので駄目でしたが、晴れの日だと星空が楽しめるそうです。

眺望
万座の空吹(?)が階段の窓や露天から見えて、良かったです。全体的に自然がいっぱいで、ゆったりと過ごせる眺望・環境でした。雪景色もその一つで、よかったです。

環境
近くにコンビニなどはありませんが、館内に売店があり問題なし。スキー場も少し距離がありますが、シャトルで送迎してくれるそうです。今回は使いませんでしたが、これまた問題なしです。今回の目的はスキーだったので、特に散歩等は行きませんでしたが、近くに散策路や洞窟などもあるようです。お散歩も楽しめそうなので暖かくなったら又、是非行ってみたいと思います。自然が一杯な分、アクセスは大変でした。帰りは雪道でしたし、有料道路が多いのも万座への足かせですね。

総合
大満足(^_^)v Tocooで行く宿はどこも値段が安くそれなりに満足行くので「又行ってもいいかな」とは思いますが、ここは「是非、又、行きたい!」と思える宿でした。建物の古さは否めませんが、サービスで全てカバーできてます。その上、温泉も良く言うことありません。正直、評価はかなり辛くつけました。全てオール5でもおかしくありません。


万座ホテル聚楽  
TEL: 0279-97-3535
FAX: 0279-97-3147
住所: 〒377-1528 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
URL: http://www.juraku.com/index.html
地図を印刷?→Mapion
















記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペンション尾瀬ほたか @群馬県片品村

2004/12/31 21:29
お正月休みは、去年と同様に群馬県の片品村へスキーに行きました。年末まで雪がふらずスキー場もオープンしていない状態で、とても心配していたのですが、直前にようやく恵の雪!今年度初スキーは、やっぱり又退化していて大変でしたが楽しかったです。ただ吹雪いている事が多かったので、今年は寒かった^_^;

今回はインターネットでみつけた宿「ペンション尾瀬ほたか」へ宿泊しました。スノーパルOGUNAほたかスキー場と武尊牧場スキー場にアクセスできる花咲エリアのいスキー宿です。ペンションはどこもそうなのですが、常連になれば思い通りにゆっくりできるのだと思いますが、初めて伺うときは勝手がわからずちょっと寂しい感じがします。最初にお心遣い頂いて、いろいろ説明して下さると嬉しいのですが。。。

建物は古いですが、部屋は広くてベットが4つもありました。ご飯の量がめちゃくちゃ多くって、大食漢の私でも食べ切れませんでした。毎食おなかいっぱいで苦しいのに、それでも食べきれずに残ってしまう感じでした。お菓子を買って持っていっていたのですが、全く必要なかったです。こういうところは、若者の合宿等に向いているかもしれませんね。育ち盛りの若者達には、めちゃくちゃ嬉しい筈です(^_-) -☆ 私としては、食事の量を抑えて、その分代金を抑えてくれたほうが満足度があがるかな(^^ゞ 大晦日とお正月(?)は、お酒が飲み放題との事でしたので、お酒好きの方にはたまらないかもしれません。私たちは飲まないので、あまり魅力はなかったですが。。。

家族総出で頑張っていらっしゃって、素朴なあったかい感じの宿です。ロビーにお茶と珈琲が用意してあって、お湯がなくなった等でタイミングが悪くなければ、いつでも飲めます。タイミングが悪くてあまり利用できませんでしたが、これは気に入りました(^^)v 

宿の方はとても親切で、午前中に宿に到着したのですが、すぐお部屋に通して下さり、スキー場へ送ってくださりました。又、本当は到着前日から予約をとっていたのですが、諸事情で当日に宿泊をキャンセルすることになってしまったのですが、その時も快く承諾して下さり、お正月なのにキャンセル料も無くてOKとしてくださりました。本当に助かりました。ありがとうございまいしたm(__)m

ペンション尾瀬ほたか  
TEL: 0278-58-3248
FAX: 0278-58-3407
住所: 〒378-0408 群馬県利根郡片品村花咲1621
URL: http://www8.wind.ne.jp/oze-hotaka/
地図を印刷?→Mapion







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペンション てんとう虫 @群馬県 片品村

2004/11/07 16:04
私の誕生日祝いをかねた今回のお出かけは群馬県片品の『ペンション てんとう虫』さんにお世話になりました。
。今回もトクートラベル(ToCoo!)[現タビータ]で予約して、一人\5880(宿泊¥2255、夕食¥2575、朝食¥1050)という超格安の嬉しい宿泊です。

丸沼高原でお散歩した後、宿のある方面へ向かいます。時間がまだ早かったのでスキー場に行ってラジコン飛行機を飛ばしました。初めてだったので、なかなか思うように飛ばせません。スキー場なので傾斜があるのですが、上のほうにどんどん飛んでいってしまったので、取りに行くのが大変でした。と、言ってもほとんど同行者が取りにいってたんですけどね(笑)

三時になったので、本日の宿『ペンション てんとう虫』さんへ向かいました。片品のペンション村の中にある小綺麗なペンションです。新しいとはいえませんが、綺麗に掃除してあり、気持ち良くすごせました。今回のお部屋は通常4人で使うお部屋らしく、ベットが4つもある広い部屋でした。大きな窓があり、緑一杯ののんびりした風景が楽しめます。こたつもあって明るい部屋でした。トイレ、洗面台は共同です。洗面台は4つぐらいあってドライヤーや綿棒もおいてあり、嬉しくなりました。お風呂は一度に二人位入れる大きさで、大きな家庭風呂といった感じです。トイレは洋式で新しく、うれしかったです。

夕食まで漫画を読んだりテレビを見たりして、ゆっくりくつろいですごしました。夕ご飯はパイやキムチ鍋、ステーキにデザートと盛りだくさん。おいしく頂き、お腹一杯でした。朝ごはんは和食風で、これまたおいしくいただけました。

とてもゆったり過ごせ、とても良かったです。この日は夜勤だったので、早めにチェックアウトして出発しました。帰る途中で、川場の道の駅にお土産を買いに寄り道しました。朝ごはんでお腹一杯だったのにパンや牛乳、ソフトクリームを食べました。その上、帰りの上里PA でベーグルを買ってかえりました。お腹一杯で帰り着いて、夜勤に向けてお昼寝するのには、ばっちしでしたが全部実になりそうで、恐ろしいです(^_^;)(笑)

今回はゆっくりした旅でくつろげました。こんなのもたまにはいいですね。又、行きたいです。


ペンション てんとう虫
住所: 〒378-0408 群馬県群馬県利根郡片品村花咲2789-44
TEL:  0278-58-4105
URL: http://www.tentoumushi.com/










記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


静山荘/御岳山 @東京都青梅市 

2004/10/11 20:23


久々のお出かけ、いつもの直前予約のToCoo!(現タビータ)で近場の宿を探していて見つけた御岳山の宿坊「静山荘」に、これまた大人一人一泊二食つき\5463 (宿泊料金¥1788、夕食¥2625、朝食¥1050)という格安でお世話になりました。

数馬のほうにある 観光旅館三頭山荘の三頭温泉で一息ついてから、青梅にもどり御岳山へ。宿は御岳山の上にあるのでロープウェイに乗って向かいます。

ちょっと早かったのですが目的のお蕎麦屋さんに行くのに荷物を置かしてもらおうと宿へ向かうと、お部屋に通していただけました。外から見るより中からのほうが良かったです。全体的な古さは否めませんが、綺麗に掃除なさっていたので気持ちよく使えることができました。雨のせいもありちょっと埃っぽい(?)感じがしましたが、出かけに窓をあけておいたので帰ってきた時は気にならなかったです。ただ、時間がたつにつれ、又、埃っぽく感じてしまいました。我慢できる範囲内ですが、ちょっと残念でしたが、もしかするとこれはタバコの匂いなのかもしれません。親戚の家に遊びにいく感覚でいけば、大満足の宿です。

武蔵御嶽神社から宿にもどって、夕食までの時間は「ぽけら〜」としていました。夜勤明けなのに運転させられていた同行者は昼寝というか夕寝をしていました。私はお風呂に入ってゆっくりしていました。お風呂は大きな家庭用お風呂といった感じでした。2〜3人は一度に入れそうです。こちらも古いですが、綺麗にお掃除されていて気持ちよく使えました。お客さんは私たち以外にもう一組だけだったせいか、夕食は個室で頂けました(部屋出しではありません。)。量もちょうどよく、おなか一杯になりました。湯豆腐がおいしかったです。又、鮎の塩焼きが今まで食べた鮎の中で一番おいしかったです。あんまり鮎は好きではなかったのですが、とてもおいしく頂けました。残念だったのは天ぷらが冷めていた事。温かったら、更に良かったと思います。

翌日の昼までにはもどらなくてはいけなかったのと、二人とも眠かったので少しテレビをみてから、9時には寝ました。周囲は本当にとても静かで、物音ひとつ聞こえない静けさが都内とは思えません。ムササビがよく見れるというお部屋に案内していただいたのですが、この日は残念ながら出会えませんでした。早く寝てしまった所為かもしれません。

朝食もおいしかったです。ご飯を頂いて、すぐに出発しました。ケーブルカーが丁度良い時間になかったので、結局下にもどってきたのは9時半ごろでした。

泊まりだったので、2日有効の駐車場券を買っていたのですが、あんまり朝早く出発するので、もったいない気がして丁度入庫して来たおじいちゃんとおばあちゃんに券をあげちゃったのですが、おばあちゃん、いまいちわかってなさそうでした。帰りは寄り道をせずに帰りました。大急ぎの旅でしたがゆっくり過ごせました。御岳山は上りはともかく、今度は歩いて下ってみようかと思っています。無謀なのかなぁ?

静山荘
住所: 〒198-0175  東京都青梅市御岳山43
TEL:  0428-78-8445
FAX:  0428-78-8498
URL:  http://www.seizan.gr.jp/

KEIO Group 御岳登山鉄道
御岳山ロープウェイ乗り場駐車場 2日間¥1900
御岳山ロープウェイ 大人往復¥1090(2日間有効)
0428-78-8121 
http://www.mitaketozan.co.jp


 


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


奥鬼怒温泉郷 八丁湯 @栃木県栗山村

2004/09/18 21:31




親友の誕生日のお祝いを兼ねて女二人で奥鬼怒温泉郷の八丁の湯へ出かけてきました。旅程はこんな感じ
出発→東北道・久喜IC〜日光宇都宮道路日光IC→カフェ・フルール明智平展望台戦場ヶ原竜頭の滝華厳の滝中禅寺湖奥鬼怒温泉郷 八丁の湯
奥鬼怒温泉郷出発→光徳牧場奥日光湯元温泉 湯元泉源奥日光湯元温泉 あんよのゆ吹割の滝→関越道・沼田IC→帰宅


相変わらずのお気楽さで、「週末にどこかに行こう!」とは決めてはいたものの前日に宿を探している始末。以前、知り合いから「露天風呂から滝が見えるロマンティックな宿」として聞いた“八丁の湯”を思い出しました。ログハウスより本館のほうが趣があると聞いていました。早速、問い合わせてみた所、運良く空室があるということで本館に予約をとることができました

日光で観光を楽しんでから奥鬼怒温泉郷にある八丁湯へ向かいます。中禅寺湖から山王林道を通って村営駐車場のある女夫淵へ向かいます。この林道は、とてもくねくねしていて酔っちゃいそうでした。たいした距離では無いのに一時間近くもかかりました 一般車は女夫淵までしか通行できません。この村営駐車場(無料)に車を停め、宿のマイクロバスで宿へ向かいます。緑が生い茂る山道を進むこと20分、宿に到着しました。年代を感じさせる本館は趣がある外観、新館のログハウスもなかなかカワイイです。目の前に川が流れ、なかなか良い雰囲気の宿です。

今回は本館に宿泊(二食付\9,600/人)です。部屋は二人で使うには十分の広さでしたが、北向きで暗く、ちょっと埃(タバコ?)臭かったです。予約時、本館の最後の一部屋と言う事だったので、いつも一番最後に使うような部屋だったのかもしれません。テレビもありましたが画面下部の色が変でした。ログハウスのほうがキレイそうでした。ログハウスにしとけば良かったかな。残念。

食事まで時間があったので周りを散歩してみました。宿のマイクロバスで宿に向かう途中でみた加仁湯まで歩いて引き返しました。後からわかった事ですが、この加仁湯さんはパック旅行の宿になっているようで、パンフなどでよくみます。女夫淵から歩いて宿に来ている方も沢山いらっしゃいました。荷物だけ運んでもらって歩いて行くのも良さそうです。

食事は当然、山の幸主流です。食器がプラスチックで、大部屋で大勢でがやがやしながら頂く感じの食事でした。本館では洗面所・トイレは共同でお湯はありませんでした。山小屋に泊まったことは無いのですが、おそらくこんな感じなのではないかなと思いました。お風呂は内風呂が男女各一箇所。露天風呂は女性用一箇所、混浴が4箇所でした。シャワーは無く、お湯もでません。タオル類は持参するよう予約時に案内がありました。温泉は柔らかい湯でとてもよかったです。肌がつるつるして、嬉しくなりました。露天風呂から滝が楽しめるのですが、一番滝に近いお風呂や滝つぼが見下ろせるお風呂は混浴でした。やはり躊躇してしまい、なかなか入れませんでした。夜、誰もいなくなった時を見計らって入ってきましたが、滝を照らす電気がおとされてしまっていて何も見えませんでした。夜中まで粘ったのに、とても残念です。とても眠かったです。

翌朝のチェックアウトは9:00なので朝から大忙しでした。7時半頃起きだして、とりあえず朝風呂に入りました。その後、朝食。8時過ぎだったのですが、皆さん山歩きやハイクなどで早々とご出発なのか殆ど朝食を終えられていたようで食堂はガラガラでした。全体的に宿は山歩き用の温泉宿という感じなので話に聞いていたようなロマンチックな宿ではありませんでした。でも、温泉は良かったです。機会があれば又いってもいいかなという感じです。

時間通りにチェックアウトし、宿のマイクロバスで宿を後にしました。
旅のつづき

八丁湯
住所: 〒321-2717 栃木県日光市川俣876
TEL:  0288-96-0306/0155
FAX:  0288-96-0888
URL: http://www.8tyo-no-yu.co.jp/



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


浄土ヶ浜旅館 @岩手県宮古市

2004/08/10 23:36



浄土ヶ浜を後にして今夜の宿を探します。この日も当然宿のあてが無いので観光案内所に向かおうとしていたら、道中浄土ヶ浜旅館を発見しました。飛び込んでみたら空室があるということでお世話になる事にしました。宿泊場所決定です

浄土ヶ浜旅館は料理宿で一階が和食の食事処です。今回は食堂の二階にある部屋に宿泊しました。お部屋は6畳ぐらいの大きさで小さめですが未だ新しくて気持ちよく過ごせました。2階には三部屋ほどお部屋がありそうでした。料理によって値段を設定をされているんだそうです。今回は一泊二食付き一人¥10000の宿泊コースにしました。夕食はカニを含めボリューム満点 夕食前に散歩に出かけてしまったので暖かいものが冷めてしまったのが残念でした。朝食はかなりポイント高かったです。美味しかったし、お腹いっぱいになりました。お風呂は多きな家庭風呂風で5人ほど足を伸ばして入れる大きさです。 市場のすぐ近くだし、浄土ヶ浜へも車でちょっとなので、ロケーションも良いと思います。

素朴でなかなか良い宿にめぐり合えました

浄土ヶ浜旅館 味処「海舟」
住所: 〒027-0005 岩手県宮古市光岸地4番8号
TEL:  0193-62-1319
FAX:  0193-62-1361
URL:  http://www.home.cs.puon.net/kaisyuu/index.html


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
なかや旅館 @岩手県 岩泉町
岩泉に到着したものの今晩の宿も決まっていない私たち、先ず今晩の宿を探します。岩泉駅の観光案内所にいってみたら不在 隣の商工会の方に聞いてみたら宿を探してくれました。お盆前ということでどこも満室。何件も電話して頂いて、ようやく運良く空室がありました。宿を確保できホッとしました。あ〜、良かった 龍泉洞を満喫してから、今晩の宿に向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/08/09 23:16
ふぁみりぃはうす あかしや @新潟県 湯沢町
ふぁみりぃはうす あかしや @新潟県 湯沢町 久しぶりのお休み、前日に急遽プチ旅行に出かけることにし、いつもの「直前予約のTocoo!(現タビータ)」で即時予約が出来る宿を探しました。出発当日、苗場の「ふぁみりぃはうす あかしや」さんに予約して出発です 今回も大人二人で一泊2食付一万円弱という超お得なお値段でお世話になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/07/17 23:32
ペンション クラウドナイン 苗場店 @新潟県 湯沢町
ペンション クラウドナイン 苗場店 @新潟県 湯沢町 2004年3月18日、苗場に1泊2日でスキーに行ってきました。Mt.Naeba(苗場)は今期二度目です。 今回もスキー場にほど近い「ペンション クラウドナイン(Pension Cloud Nine) 苗場店」にてお世話になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/04/08 01:23
阿寒湖畔温泉 ホテルエメラルド @北海道
阿寒湖畔温泉 ホテルエメラルド @北海道 北海道釧路市、阿寒湖の畔にある「ホテルエメラルド」に宿泊しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2004/03/25 14:58
摩周温泉 ホテルニュー子宝 @北海道
摩周温泉 ホテルニュー子宝 @北海道 絶対評価:★★★☆ コストパフォーマンス評価:★★★★ (ツアー料金比) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2004/03/25 14:57
ぬかびら温泉 糠平館観光ホテル @北海道
ぬかびら温泉 糠平館観光ホテル @北海道 絶対評価:★★☆ コストパフォーマンス評価:★★★★ (ツアー料金比) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/03/25 14:56

トップへ | みんなの「宿」ブログ

重要なお知らせ


引っ越します。こちらの新しいブログへどうぞ。
HAPPYに行こう♪-レジャー&グルメ-
(2007/10/29)

HAPPYに行こう♪ − レジャー ・ グルメ − 宿のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる