アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「山梨」のブログ記事

みんなの「山梨」ブログ


山梨 目次

2007/03/26 02:00


【温泉】
甲州市塩山   交流保養センター 大菩薩の湯
北都留郡小菅  多摩源流 小菅の湯

【滝・湖・川・海】
山梨市三富   西沢渓谷 七ツ釜五段の滝



カテゴリー一覧都道府県・国一覧




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


西沢渓谷 七ツ釜五段の滝 @山梨県山梨市

2006/06/25 10:32



山梨と埼玉の県境にある西沢渓谷の七ツ釜五段の滝を観に行ってきました。西沢渓谷は川のせせらぎや鳥の鳴き声などが耳にやさしく緑も渓流も美しい渓谷です。人もそれほど多くないので、のんびりと安らげるところでした。是非、又、行きたいです。

今回は同行者のリクエストで行ってきました。私はJAFの情報誌に掲載されていた日帰りドライブ・プランの特集で此処を知り、 2003年の夏に一度訪れた事があります。その時のことを「とっても良かった」と話したのを覚えていたらしく、三年越しで行ってみる事になりました。マイペースな私は相変わらずの朝遅い出発。梅雨の合間、天気を気にしながら国道299を通って秩父を通って西沢渓谷へ向かいます。国道140号を山梨方面に向かうと、どんどん曇り空になって雨が振り出し雁坂トンネルの手前ではかなりの雨 「山をこえると天気は変わる!?」と願いつつ雁坂トンネルへ。通行料は普通車で片道¥710。ちょっと高い そのおかげか交通量は少なめなのでスイスイ行けます 通行量が少なく採算とれない→値段を落とせないという悪循環なのかなと感じました。両県の発展と交流の為にも是非片道¥500以内を目指してもらいたいものです。

雁坂トンネルを抜けると、曇り空ながら天気はもちこえていました。ラッキー! 西沢渓谷はトンネルを抜けると、もうすぐそこです。イメージ的にはいくつかのカーブを、くぅ〜るっ(カーブを曲がっていく擬態音)、くぅ〜るっとすると(ちなみに2個じゃありませんん。)、左曲がりのカーブの終り位のところに突然入り口が現れます。道の左側に看板もあるのですが、カーブなので見にくいです。【注:埼玉側からのケースです。】

入り口正面(右側)には食堂やお土産屋さんが数件立ち並んでいます。ここの有料(?)駐車場を利用するという手もあります。無料駐車場は入り口を入って直ぐ左にある下り坂の道を下ります。収容台数は50台位だと思います。11:00頃に到着しましたが、この日は無料駐車場に車を停める事ができました。虫除けスプレー、帽子、ペットボトルを持って出発です。無料駐車場の坂道をあがった正面にあるお店でお昼用に「山菜おこわ」と「よもぎ餅」各一個購入。結構高かった記憶がありますが天然なんだそーです。こちらでトイレを借りて出発です。出発するとすぐ小腹が空きはじめ、早速よもぎ餅を食べました(笑)

西沢渓谷は距離と起伏があるので「お散歩」というには少しハードですがハイクというほどではありません。ハイキングになるんでしょうか。軽装で大丈夫ですが動きやすい服装や靴が良いでしょう。特に渓流沿いは岩場もあり、かなりの階段を登る所もあります。ミュールやサンダルで来ている人をよく見ます。今回も若いカップの女性がそうでしたが、ちょっと大変そうでした。場所的には素敵なデート・スポットだと思いますが場合によっては気遣いの無さに疑問を感じてしまうような結果にもなりうる所です。愛があれば問題ないかもしれませんが御注意下さい。一方、小さなお子さんを連れてハイクされている方も結構いらっしゃいます。小学生低学年以下のお子さんも元気に歩いていて私より早かったりします。TPOとペースを守れば、わりと広範囲の人が楽しめるコースだと思います。

旅行記(4Travel): http://4travel.jp/traveler/first-step/album/10082134/


七ツ釜五段の滝まで約一時間と思っていたのですが勘違いでした。ゆっくり歩いた所為もありますが滝まで約2時間。道中、写真撮影を楽しむ人達やウェットスーツを着て渓流スライダー(?)を楽しむ人たちにも出会いました。途中、少し雨が降ってきたりもしたのですが大降りになることもなく、もちなおしてくれました。西沢渓谷のポスターでよく使われている滝の景色と思われる場所でお昼にしました。いつも何も持たず出かけてしまう私達が初めて、ハイキングの途中でお昼を食べる事ができました。嬉しい 欲を言うと、今度はレジャーシートも持っていこっ♪ 

この七ツ釜五段の滝のコースは一周して戻れるコースになっています。一周約4時間位だと思います。前回の記憶では後半は林の中風のコースだったので、私達は滝から折り返して渓流沿いの同じコースを戻る事にしました。渓流沿いより林の方が、どちらかというと楽だった気がします。私たちと同じ頃に滝にいた人(一周されて戻ってきた)と帰りに一緒になりました。時間的にはほぼ同じ位なのだと思います。今思うと、同じコースを帰るより一周した方が目に嬉しいので良かったかもしれないなぁと思います。

車に戻ると、もう16時頃。当初はほったらかし温泉に行こうと計画していたのですが、あまり遅くなるとマズイので帰路につきました。小腹が減っていたのですが帰り道でなんか食べようと途中の道の駅によりました。食べたかった温かいスナック系の食べ物がなくアイスクリームを食べました。おこわを買ったお店でうどんでも食べとけばよかったな

西沢渓谷 七ツ釜五段の滝
〒404-0206 山梨県山梨市三富上釜口
TEL: 0553-22-1111(山梨市役所 代表)
URL: http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/kanko/seeing/29.html


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


多摩源流 小菅の湯 @山梨県小菅 (日帰り温泉)

2004/04/06 00:19
山梨県小菅村にある日帰り温泉「多摩源流小菅の湯」に行ってきました。

営業時間: 4月〜10月 10:00〜18:00(最終受付)19:00閉館
        11月〜3月 10:00〜17:00(最終受付)18:00閉館
定休日:  毎月第4金曜日
料金:    3時間¥600(タオル・浴衣別途)→銭湯タイプ
        1日¥1200(タオル・浴衣込)→健康ランドタイプ
駐車場、食事処、休憩処、エステ、マッサージ有り。

2004年3月23日にいきました。2003年末にドライブがてらに寄ったのですが、運悪く改装中で断念。今回は(奥多摩近辺の温泉で)一番近いつるつる温泉に行こうと出かけたのですが定休日ということで『小菅の湯』へ変更 奥多摩湖から山梨県小菅村へ。とても静かで、落ち着いた雰囲気のこじんまりとした温泉で、気持良く過ごしました。雪の降った翌日の平日という好条件も重なり、シンとした冬の空気を満喫できました。

お風呂は男女同じつくりになっているようです。露天は石風呂、五右衛門風呂、ハーブ風呂。内風呂はひのき(?)、泡風呂、打たせ湯、寝風呂、源泉水風呂。サウナもありました。源泉はぬるめのようです。お湯に入るとお肌がちょっとツルツル♪嬉しくなります。施設もキレイです。

奥多摩湖周辺の日帰り温泉(のめこいの湯もえぎの湯数馬の湯)の中では一番のお気に入りです。私にとってはアクセスが難ですが、又、行きたいお気に入りの温泉の1つです。

多摩源流 小菅の湯 
TEL.: 0428-87-0888
FAX: 0428-87-0926
URL: http://www.vill.kosuge.yamanashi.jp/kosugenoyu/
住所:  〒409-0211 山梨県北都留郡小菅村3445番地
地図を印刷したい?→地図




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


塩山交流保養センター 大菩薩の湯(日帰り温泉) @山梨県甲州市

2004/04/04 22:35
山梨県甲州市、塩山にある日帰り温泉「甲州市交流保養センター 大菩薩の湯」に2004年3月13日に行ってきました。

山梨県笛吹にあるカムイみさかスキー場でスキーをした帰りに寄りました。カムイみさかは、もともと人工降雪がメインの小さなスキー場です。周りの景色を楽しむという感じでもないし、雪はザクザクだし(T_T) 下手っぴの私の実力ではシンドイだけなので、早めに切り上げて帰路につきました。青梅街道(大菩薩ライン)を通って奥多摩湖方面から帰る事になり、塩山の麓にある日帰り温泉『塩山交流保養センター 大菩薩の湯』で一風呂浴びる事にしました。塩山市は平成の大統合で現在は甲州市になったようです。

銭湯タイプ
県外大人 3時間:¥600 一日:¥1000
10:00〜20:00
定休日:毎週火曜、及び土日を除く祝祭日の翌日

源泉はぬる目のようで加熱しているようです。お肌がちょっとツルツルして嬉しかったです。又、行きたい温泉です。私が行った時の女性風呂は、露天岩風呂、内風呂は泡風呂、ジェット付きの普通のお風呂、源泉水風呂でサウナもありました。露天は丁度夕日時で、良い雰囲気で影がかかってよかったです。時間制限は入浴だけのようで、休憩所にはずっといられる(?)ような感じでした。


甲州市塩山 交流保養センター 大菩薩の湯  
TEL: 0553-32-4126
FAX: 0553-32-4186
住所: 〒404−0026 山梨県甲州市塩山上小田原730−1
URL: http://www.city.koshu.yamanashi.jp/koshu_wdm/html/fun-1/33189420693.html(甲州市)
地図を印刷→









記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「山梨」ブログ

重要なお知らせ


引っ越します。こちらの新しいブログへどうぞ。
HAPPYに行こう♪-レジャー&グルメ-
(2007/10/29)

HAPPYに行こう♪ − レジャー ・ グルメ − 山梨のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる